ツイート【タックスヘイブンパナマ文書【シンギュラリティ】ベーシックインカム】
エンパス【スティックPC】【分煙【花粉】



最新技術開発の資金と活動資金を募集中です。
→ここをタップ←でアマゾン欲しいものリストに飛びます。

【DG-STK1B】10778円スティックパソコン購入【+エコ冷却装置を108円で安く自作】【使い方】

0 -
こんにちは(^▽^)人(*´▽`*)人(´ω`*)ノ

今回は1万円以下で手に入るようになった格安の
中性能スティックPC(テレビ等のHDMIケーブル枠に挿入して使う棒型パソコン)
【DG-STK1B】をレビューします。使い方のコツやポイント等も詳しく説明します。

このページが重くて見辛い!という方はこちらの超軽いスマホ版ページをどうぞ
http://empathhint.blog.fc2.com/blog-entry-70.html?sp
(*^-^)人(*´▽`*)人(≧▽≦)ノ


【スティックPC 熱対策】1080pフルHD60fps再生も余裕【驚異の効果】


真夏の環境温度30度でもフルHD60fps動画が再生できちゃいます♪(※冬よりは少し排熱弱化有)
テレビの大画面で60fpsのFHD動画を楽しみましょう☆


このページの目次



0.スティックPC本体と周辺機器の考察とレビュー


--0-0.スティックPC本体
--0-1.USBファン(扇風機)の追加

--0-2.無線・有線LANの追加
--0-3.USBポートの追加

--0-4.マウス・キーボード
--0-5.マイクロSDカードの追加

--0-6.外付けHDDの追加
--0-7.USBサウンドアダプタの追加(外付けのUSB経由の音声入出力装置)とUSBマイク

--0-8.USB延長ケーブルの追加
--0-9.USBwebカメラの追加

--0-10.USBゲームコントローラーの追加



1.DG-SKT1Bの消費電力や概要へ


2.DG-STK1Bの放熱構造の説明等へ


3.水冷式水袋の作成手順へ


--3-1.水冷式水袋の下段、水布団の作成手順へ
---下段は水冷式の水布団1つに付き250-500ccの水を入れて2セット作り密着させ使用


--3-2.水冷式水袋の上段の作成手順へ(1.5~2リットルの水を使用))

--3-3.空冷、風冷と水冷式の切り替え、使い分けについて(冷却システムのスイッチング)
--☆夢と浪漫の完全静音、完全水冷、超省エネ、720p動画三本同時再生OK
--☆フルHD動画1080p60fpsもOKのお手軽水冷PCを作成する手順。


超オススメ!!最強の自作冷却装置
DG-STK3のポリタンク型4L水冷の実運用の参考例です。この堅牢頑丈な型式なら漏水はまず起きません。
【DG-STK3を冷却】水冷スティックPC【4Lポリタンクとステンレスブックスタンド】【Lv5の2型】
http://empathhint.blog.fc2.com/blog-entry-284.html



DG-STK3の総合比較レビューの記事はこちらです。
【新発売スティックパソコン】DG-STK3【比較レビュー税込み9980円】
http://empathhint.blog.fc2.com/blog-entry-80.html




※【夏場】の【1080pFHD動画60fps】の【長時間再生】もドンと来い!
 【Lv4】水冷式ペットボトル3本+8リットルの作成手順
 (更に高性能な重武装水冷の冷却システム作成手順)
http://empathhint.blog.fc2.com/blog-entry-203.html
【8Lの水冷スティックPC】Lv4水冷の完全静音スティックPCついに解禁【更に8~10℃も冷えた!】
50gのスティックPCに、約8000g=160倍の質量の8リットル水冷を使います!!(笑)
環境温度30度で、低負荷時の平均温度が60℃→50℃へ大幅ダウンで冷え冷え!

8L水冷は、フルHD動画をずーっと見てても、70℃ちょっとで安定します。



【Lv5】8リットル水冷2型の作り方。漏水リスクを更に減らした形。夏でも大変良く冷えて、安全で、安くてお手軽です。
http://empathhint.blog.fc2.com/blog-entry-211.html


市販の水冷ペットボトル4本と水布団x2を使います。

オススメの自作冷却装置その2(当サイトで使用中の強力冷却タイプ)
【参照画像】【8Lの水冷スティックPC2型】実際の運用中の写真へのリンク
http://empathhint.blog.fc2.com/blog-entry-220.html




4.HDMI to VGAの変換コネクタの説明へ



0.周辺機器の紹介


次へ--目次へ


0-0.スティックPC本体
目次へ戻る
安く完全無音PCにするなら水冷式のDG-STK1BやDG-STK3を使えばOKです。
簡単に安く使えればそれでいいという場合は、ファンレスのスティックPCに冷却ファンを外付けでOKです。

ちょっと高くてもいいから、とにかく全てが面倒臭い、
どんな手間を掛けたくないという方はDG-STK4S等のファン付きタイプを選べば、最初から内蔵で扇風機がセットされておりそのまま使えます。

但し、値段が高くなる事(外付け扇風機だと+1000円で交換が簡単)。
また、内蔵ファンの音がうるさい、気になるという方もいます。

ファンレスであれば、USB扇風機を使った後付けの外部空冷と、完全静音の水冷をいつでも自由に切り替える事ができ、後々選択肢の幅が増えて便利な上、ファン付きよりも初期コストを抑えて使えます。その分少し冷却システム自作の手間がかかります。
2015年末頃は5000円程の差額が有りましたが、DG-STK2Fが大きく値下がりした為、値段は僅差になりました。

が、DG-STK2FやDG-STK2Sは販売終了っぽい感じになり、
DG-STK4Sは2016年末で22000円位、インテルとかのファン付きスティックPCが1万円ちょいで安いです。
値段変動や商品の移り変わりが激しいです。

こちらがファンレス:扇風機無しのタイプ
後からUSBファンや水冷式水袋等を外付けして冷やせばフルHD動画もしっかり長時間見れますが、
素っ裸のままで使うと発熱に放熱が追い付かず高画質の動画再生は数分でガクガクになってほぼ止まってしまいます。
水冷で完全静音が可能です。
##
STK1BよりSTK3のが新しくて、軽く小さいです。が、中身の性能は同じ、値段も近いです




↓↓こちらは内蔵ファン(扇風機)付き。
ファンレスのタイプと比べると値段が上がってしまいますが、
ご自分でUSBファンを買い足したり、金属製のヒートシンクや
水冷式水袋を作って密着させる手間が要らずとにかく簡単に直ぐ使えます
内蔵ファンの動作音がちょっと煩(うるさ)くて気になるという意見が散見されます。
次の周辺機器の紹介で直ぐに外付けのUSB扇風機が有るので
それとじっくり値段等を見比べて検討するのも良いと思います。

DG-STK2Fは販売終了の模様(2016/12/19)~旧型2015/7月発売

DG-STK2Sも販売終了の模様(2016/12/19)~新型2016/2月発売

色々なタイプのスティック型パソコンが今は販売されています。

##
2016/8/2~取り扱い開始。DG-STK4S。右側はUSBを有線LANに変換する合体用の拡張装置。

ドスパラは新機種をガンガン出してます。ショップ運営+PCメーカーで立ち回りが素早いです。

ドスパラはDG-STK2Sという新機種を2016/2/5~2016の中期頃まで発売。当時の値段が18520円位。
--DG-STK2Sは2016/6/6時点で取り扱い停止中?排熱が非常に弱く酷評があった為か?

外部冷却装置の追加で、
四季問わずいつでも常温でずっと、
フルHD1920x1080pの60fps動画や、720pの動画を同時に3本見れる
DG-STK1BやDG-STK3が8980~9980円と現時点ではコスパ最強クラスです。

DG-STK2S(販売終了)や4S(2万2千円/2016年12月の値段)に1万円も追加投入する価値が有るのかどうかは…
意見が分かれそうな所ですね。これが9980円だったら、ファン付きですから、
かなりいい勝負になるとは思うのですが…。
DG-STK4Sはメモリが4GBなのは良いですけどね。

まぁ【時間経過】で、1~3年経ったら、またガラリと世界と値段が変わっていると思います。
パソコンの世界は今、本当に変化が早いですからね。皆様良くご存知の通り。



0-1.USBファン(外付けのUSB扇風機)の追加
目次へ戻る
##

マジックテープや結束バンド(有効な留め具なら何でもいいですが)
(100均でも売ってますが、こっちもかなり安いですね。)
##

扇風機無し、ファンレスのスティックPCの場合、素っ裸で使うと
動画を見るなどの重い負荷を処理させた時、放熱が発熱に追い付かず、熱暴走したり、
クロックダウン、サーマルスロットリングを起こし数分~10分以内に直ぐ動作がガクガクになります。

しかし、これらのUSB扇風機を追加し、
スティックPC本体に直接風を当て続ける事で、
フルHD動画をずっと鑑賞し続ける事ができるようになります。
冷却システムは当サイトで記述しているような
自作の、密着式の水冷式水袋を使っても大丈夫です。

空冷や(より正確には風冷?)、水冷と言っても、
本体に高熱で溶接して癒着・密着させるといったような高難度(ハードルが高め)で
不可逆的(元に戻せない)な冷却システムと言うでは有りません。

外部の冷却ファンの外付け(後付け)なら、
40mm角や80mm角の1000円位のUSB扇風機を買って、
スティックPC本体に輪ゴムや結束バンド、針金や、
ヒモやワイヤーや、ネジやボルトや金属片等で
仮止め、適当に固定して本体に風を当て続ければいいだけで、取り外しも比較的簡単です。
そんなにガチガチにしっかり固定しなくても使えます。

他に、金属製のメタルヒートシンクをぺっとりと密着させて、放熱用のフィンとして
熱の逃げ道、熱伝導を外側に拡張する手段も良いようです。
DG-STK3だと筐体の外側が平面的なので大きな金属ヒートシンクも密着させやすいですが、
DG-STK1Bだと筐体が湾曲している為、小さな金属ヒートシンクを複数貼り付ける方もいるようです。
uxcell 100mm x 35mm x 10mm ヒートシンクアルミ二ウム
アイネックス CPU用熱伝導シール PA-069
等を使う方も。

水冷式水袋を使う場合は、
下2段、上1段で、中央にスティックPC本体を挟み、
水冷式水布団と水冷式水袋に合計2~3リットル程度
水を入れて、ポンと乗せて置くだけで
自重により水冷サンドイッチ状態になり十分排熱してくれるので、
いつでも直ぐ簡単に取り外しが可能です。

100均の、200円~300円の簡単なUSB扇風機を買い輪ゴムで縛り付け仮留めするだけでも十分冷えます。
問題は、冬だと100均でUSB扇風機がそもそも売ってない(笑)
夏まで待たないと売ってない時も(^ー^;)

当サイトでも冬場にUSB扇風機を見に100均へ出向いたものの、
夏でなければ入荷しないとのことであえなく在庫0で撃沈しました。

アマゾンであれば年中無休で在庫があり、いつでも買えるので、
取り敢えず外付けの風冷、空冷ファンからやってみるのも
アリかと思います。(*´ω`)

後からいくらでも水冷に変更できます。
完全静音や更なる冷却を求める方にとっては浪漫のある水冷。
やっと完全静音の水冷式スティックPCが実現可能になった今、
楽しみや浪漫として水冷にチャレンジしてみるのも面白いでしょう(笑)

当サイトでは6か月、ほぼ水冷式水袋(2.5リットル程)のみで
毎日24時間酷使されながらもクロックダウンせず


2016年12月現在、
丸一年以上、2.5→8L水冷へと冷却システムが成長(?笑)しながら、毎日24時間酷使されてます。
まだ元気にDG-STK1Bが稼働しております。(平均0.5wh~5wh前後の超省エネ完全静音で。)
(mSDは酷使し過ぎて64GBのが1枚死んで2代目です。)

3Dゲームはそれなりにプレイできますがクロックダウンします。
フルHDの1080pの60fps動画位なら夏でも全然クロックダウンしません。

水冷式水袋を密着させて使えば、
環境温度20度の状況でも、中画質動画を2つ同時に再生したり、
フルHD、1920x1080pの動画を再生する事も問題有りません。



0-2.無線・有線LANの追加
目次へ戻る
内蔵Wifiの無線が不安定との評価が多数あります。

また、初期搭載の内蔵無線を使った場合、無線装置自体が発熱する為、
それだけ熱負荷が増え、動作クロックが落ちやすくなります。

外部のUSB-有線LAN変換器(アダプター)や、USB無線子機を追加する事で、
スティックPC本体の発熱を下げる事ができ、より動作を安定させ、
クロックダウンを予防する事にも繋がります。

勿論、外部冷却を追加すれば更に動作は速くなります。
発熱過多=排熱不足が殆(ほとん)どのスティックPCの最大の弱点=ボトルネックである為。

外付けのUSB無線子機を増設する手段や、
速度や回線の安定性を最重要視したUSBtoLanというUSBから有線LANポートを追加する装置もあります。
この場合、USBポートを同時に3つ増設できるものが大変便利です。
有線化でWifiとブルートゥースの電波干渉を防げます。
有線はネット通信とマウス、キーボードの動作が安定します。
##
外付け無線子機
##
1つのUSBポートに有線LANポートとUSBポートを3つ追加出来てお得です。

USBポートの増設は不要、有線のLANポートのみ追加できれば良いという方はこちらが便利です。
規格はDG-STK1Bの本体に合わせたUSB2.0になります。
####


0-3.USBポートの追加
目次へ戻る
LANポートの追加は不要、USBポートのみを増設したいという方はこちらが便利です。

USBポートを追加するだけでなく、セルフパワー(個別の独立電源)のUSBハブを使い、より安定性を高める事も可能です。

セルフパワーのUSBハブの2Aの給電ポートからスティックPCの電源を取ると、
電源瞬断問題が解決
出来ました。(当サイトで1か月以上検証済みですが念のため自己責任でお願いします。)

こちらがセルフパワー(個別電源)のUSBハブです。お好みで用途に合わせてどうぞ。(´▽`)
DG-STK1Bの規格はUSB2.0なので、USBハブも同じ規格のUSB2.0を使えば大丈夫です。
####

こちらはセルフパワーとバスパワー両方に対応したタイプです。
iBUFFALO USB2.0ハブ セルフ&バスパワー 4ポート ACアダプタ付 シルバー
##


0-4.マウス・キーボード
目次へ戻る
このスティックPC本体にはマウスとキーボードが付属していません。
お持ちでない方は新規に購入する必要があります。
既にUSBマウスやUSBキーボードをお持ちの方はそのまま使えます。ブルートゥースはペアリングをする前にUSBマウス等での操作が必要なので、最初からブルートゥースだけでは使えません。

無線の物。ケーブルが煩(わずら)わしいという方はこちら
######

有線の物。ケーブルが有ってもいいから電池交換が億劫(おっくう)と言う方はこちら
##


0-5.マイクロSDカードの追加
目次へ戻る
このスティックPC本体の容量は32GBです。Win10のOSを入れると残りが16GB程度になります。
容量が足りない場合、外付けのHDDを追加する方法や(これはセルフパワー:別電源推奨です。)
内部スロット(穴空き箇所)を使い、マイクロSDカードを差し込んで追加し容量を増やす方法もあります。
16GBで十分(ネットのブラウジングや動画を見れればそれで良い)と言う方
は買わなくても大丈夫です。マイクロSDカードの追加無しでも使えます。
外部記憶装置を買い足さないと、どうも容量不足でWin10のアップデートに支障が出る場合も有るらしいという話が…。

注意点。
ドスパラショップ店員さんの話だと、DG-STK1Bは128GBのマイクロSDの認識まではサポートしておらず、64GBまでは認識するという話ですが、アマゾンだとDG-STK1Bで128GBまでOKと書いてあり、見解が食い違っておりますので、もし128GBを使う場合は注意して自己責任でお願いします。正常に認識した場合は、コメント欄やアマゾンでのレビュー等やいずれかの掲示板等、どこかに動作報告をして頂けると大変有難いです。m(_ _)m

128GBのmSDだとデータの書き換えができないという意見もあるようです。

当サイトではUSB接続で数年前の古いタイプのマルチカードリーダー/ライターから
32GBのmSDに書き込みをしようとするとデータが書き込めない不具合がありました。
正確にいうと、正常に書き込んだと表示されるが、
一定時間経過やPC再起動でデータが巻き戻ってしまう不具合です。
つまり書き込んだデータが「なかったこと」になり消されてしまいます。
128GBのmSDの書き込み不良問題で見かけた不具合と内容が似ています。

外付けの3TBのHDDではこのような問題は一切発生していません。
…が。
(回復ドライブを作成の初見殺しの大型地雷だけはご注意ください。)

スティックPC本体付属のmSDスロットに
「64GBの東芝製のmSDカードを射して」
NTFSでフォーマットしてVHD化して使うと正常に使えました。

しかし、64GBのmSDなら正常に使えるとは言っても、
ガンガン書き換えてると(64GBの記載容量、57GBの実容量で300GB位書き換えた所)mSDも死ぬようで、書き込み速度が0KB/sになり全く書き込めない状況が頻繁に発生するようになりました。

mSDの書き込み不能化、死亡問題。
64GBのmSDは1年以内で死亡。
DG-STK1BのスティックPC自体は1年以上ほぼ常時稼働でまだ生きてます。

これについては
64GBのmSDを新しく買い替えて交換した所、10-19MB/sで再び書き込めるようになりました。
(2016/1月~2016/12月位の使用時のレポート。新旧どちらも64GBの東芝製mSD)

16GB##32GB##64GB##128GBのmSDは4000~5000円程度とコスパが良い物の、スティックPCだと書き込み失敗のリスクがある様なので割愛。


0-6.外付けHDDの追加
目次へ戻る
当サイトでDG-STK1Bでの動作確認済みのもの。
SEAGATE デスクトップ型外付けHDD 3TB(USB3.0対応、2.0互換性OK) Seagate社 【並行輸入品】
SuperSpeed USB 3.0ポート対応(USB 2.0ポート互換)
注意点としては外付けHDDについてはセルフパワー(個別の電源)にすべきという事。
このシーゲイトのはセルフパワーです。

DG-STK1Bは超省エネ(0.5wh~2wh程度)である故に、バスパワー(USBポートからの流用電源)が
ちょっと弱いです。バスパワーの外付けHDDを買って、データ転送中に、
USB電源が瞬断した、とかはシャレになりませんので、
外付けHDDはセルフパワー(個別電源)のものを用意した方が良いでしょう。
データ通信時、少しカリカリと動作音がします。
電源ケーブル、USB 3.0ケーブル付属
•SuperSpeed USB 3.0ポート対応(USB 2.0ポート互換)
•Windows 8、7、Windows Vista、Windows XP SP3(32ビットおよび64ビット)対応
と書いてあり、表記されている対応OSはW8までですが、W10で問題なく動作しています。
ただ、ちょっとこれだと2倍近く割高なので


I-O DATA USB 3.0/2.0接続【家電対応】外付ハードディスク 3.0TB HDC-LA3.0
この辺が今は安いのかも。これもUSB2.0とUSB3.0両対応で、セルフパワー(個別電源)です。
こちらも対応がW8.1までとありますが、まぁシーゲイトの物が正常に使えているので恐らく大丈夫そうかなとは思います。
が、念のため自己責任でお願いします。


インターフェース USB 3.0/2.0
ちなみに2016/2の現時点での外付けHDD人気No1はこちら




0-7.USBサウンドアダプタの追加(外付けのUSB経由の音声入出力装置)
目次へ戻る
SODIALについてはDG-STK1Bで音声入力、音声出力共に正常動作確認済み。

TV等のモニターとの通信、つまり、HDMIケーブル経由のデータ通信とは独立して、
USBサウンドアダプタ自体とスティックPC本体の二つのみだけでも正常に動作する事を確認済み。

注文から受け取りまで中国からの輸送となる為、2~3週間程度の余裕をもってじっくり待てる方向け限定。
音声データ通信時、本体の緑のインジケータランプが細かくチカチカと点滅するので、それが嫌な方はガムテープや黒いテープを張る、水冷式水袋をのしっと上にのせてランプを見えなくする、等の対策が可能です。USBポートに差し込むだけで直ぐに使えます。ドライバインストール等は必要ありません。

こちらの2品はDG-STK1Bでの動作は未確認ですが、大手のUSBサウンドアダプタです。
SODIALと違って直ぐ届くと思います。が、DG-STK1Bでの動作確認と検証は各自、自己責任でお願いします。
レビューがかなり大量にあり、Win10での動作可能報告等もあり、参考になるかと思います。
##


マイクを追加する事で外部環境の音声や声を録音する事も可能です。
このマイクはDG-STK1BとWindows10での動作確認済みです。

ちなみにPCの内部音源を録画するには
アマミキという仮想サウンドミキサーをインストールすると可能
になります。

USB-Audio-Device音声入力01a2##TV-off-USBAudioOut-Ok.jpg



0-8.USB延長ケーブルの追加
目次へ戻る
検証した限りでは最大8メートルまで(2m+5m+1m)のUSB延長ケーブルの使用が可能でした。
バスパワー(流用電源のみ)のUSBWebカメラが、8メートルのUSBケーブルの距離で正常動作したという事です。
(それ以上でも行けるかもしれませんが、そこから先は未検証。)
但し、USBWebカメラとUSBサウンドアダプタ、USBマイクの3つまでなら、バスパワーだけでも安定していますが、
そこにUSBtoLan、USBマウス、キーボード、ゲームコントローラーを付けると、使用環境の換気扇や照明等の電源のON/OFFに完全連動して、USBの電源が瞬断されます。放置したままで直ぐに自力回復しますが。一時的にUSBカメラや有線LANの通電が遮断されますのでご注意を。
DG-STK1BやDG-STK3はUSB2.0の企画なので、USB3.0は使えませんのでご注意下さい。
USB2.0互換のものなら大丈夫ですが、
無理やりUSB3.0を接続すれば、万が一認識する可能性はあるかも知れませんが、基本はUSB2.0の性能までしか出ません。
一部、外付けHDDでUSB3.0の企画の物は直差しでは認識せず、USB2.0のポートを経由した際に認識するという話もあるようですが、当サイトでは未検証ですのでご了承下さい。
3mタイプ5mタイプ


0-9.USBwebカメラの追加
目次へ戻る
Livecapture3とWindows10での動作確認済み。
USB延長ケーブルで8メールとまで延長して動作する事を確認済み。
時々メモリーか何かの認識バグなのか、Livecapture3の自動記録モーションキャプチャー映像が途中止まってしまうことを確認。
USBサウンドアダプタとUSBマイクがLivecapture3上で連動して動作する事を確認済み


暗視機能付きのスマートカメラ・ネットワーク等。


0-10.USBゲームコントローラーの追加
目次へ戻る
USBゲームコントローラーをパソコンで使うためには、JoyToKeyというシェアウェアがオススメです。
http://joytokey.net/ja/download
無料でも十分に使う事が出来ます。
本当に良いアプリなので買って使えば開発者さんがとても喜ぶと思います。

5~6個の種類のUSBゲームコントローラーを試し、この機種と下の以外は全て1年と持たずに壊れました。
数か月や半年以内で壊れたものもザラでした。このUSBゲームコントローラーだけはまだ生きています。
他のはすぐに死んで使えなくなります。(泣笑)(T▽T)

これ、アナログスティックの無いちょっと不便なタイプなんですが、緊急用として長持ちしてます。
極たまにしか使わないので壊れにくいだけなのかもですが…(笑)
ただ、この値段は有り得ない高さなので、ヨドバシやビックカメラやドスパラ等で
600円~700円位で買えると思います。
この商品に関しては、もしも買うなら、店舗型のお店で探すのが良いと思います。
そちらのが安いので…。
そもそもアマゾンではランキング100位内にすら入ってなかったようなので
置いてないかもしれませんが^^;(ランキング128位の品)



1.DG-SKT1Bの消費電力や概要


次へ--前へ--目次へ

何やらどこぞの大手サイトさんまで勘違いしてるみたいですけど、
このスペックは「優良」~「十分」です。
値段に対しては特に優秀。この価格帯でのコスパは最強です。
エネルギー消費に対する性能、エネパ?も最強クラスです。
耐久性は使いながら現在検証中。13ヵ月ほぼずっと24時間稼働で現在一件を除いて致命的な問題なし。

動作性能は、6~7年前の7万円台のノートPCの3~12倍くらいの体感性能。
 ※Vostro1000を比較対象の参考にした場合。
 ※HDDの最大容量は32GBなのでそれ以外の面での個人評価値。

 最新のcorei7とかよりは当然格段に落ちますけど、

消費電力たったの平均0.4~0.5wh(低負荷時)で最大でも2wh程度(高負荷時)。


(※HWMonitorの表記データを参照。Interl公称値はCPUのAtomZ3735Fの消費電力は最大2.2wh)
(アダプターは5V/2Aなので最大は10W位らしいですが。)

ワットモニターで測ると、低負荷時が約2w、高負荷時が約7~10w程度という情報も有るようですが、
その辺りはまぁ、誤差ということで…。(*´▽`A;)

英語版アマゾンのスティックPCレビューだと、5V2AのスティックPCに対して、
5wぐらい?という推測をしている英語圏のレビュアーさんもいる模様です。
その英語版スティックPCのトップレビュアーさんは、スティックPCでWEBサーバーを2個立てていると書かれています。

英語圏でもやはりスティックPCの省電力と十分な性能が高く評価されてますね。

詳しく測りたい方は0.3w~測れるという機械もあるようです。



 一年毎日24時間使っても2wなら466円/年で、
 後述する水袋のヒートシンクなら放熱/冷却代0円ですからね。
 中性能ですが、テラリアやROぐらいなら余裕でガンガン動かせますし、
 動画も1080pの60fpsのフルHDや、720p同時3本も普通に見れちゃいます。
 後述する放熱対策は必須ですけどね。有効なものなら他の放熱手段でもいいですが。)
DG-STK1B.jpg




その安さと性能・使い勝手の良さから
一時期人気が過熱して売り切れてしまい、在庫切れになったことも度々有ったのですが
今は在庫もあり、この↑のリンクからすぐに購入できます。

9980*1.08=10778円 という値段ですね。
更に値下がりして9980円で通常送料無料です。(2016年1月に値下げ)
かなり安くなり買って使ってみました。




結局例のVostroノートパソコンは、ハード(物理)が劣化限界の寿命でブラウジングのみでフリーズ連発。
完全にお陀仏…。

南無~…。(″ー人ー〝) ♀ゝミ( ̄人 ̄)ポクポク…チ~ン……。

OSクリーンインストールしてもダメだと辛いですね。一時凌ぎも虚しかった…(;ー;)
サポート延長だけで毎年1万円x3~5年くらいもがんばって払っただけに最後はとても虚しかった…。


2.DG-STK1Bの放熱構造の説明等


次へ--前へ--目次へ

さて、スティックPCですが、【DG-STK1B】はファンレス(無風)で
メタルボディ(金属の本体)から直接放熱して空冷(室温に依存して自然に熱放出)するタイプです。

(下手に内蔵で冷却ファン(扇風機)なんてつけてると、放熱構造に色んな甘えが出てきて、
 空気送れば冷えるから熱伝達設計はてきとーとか、埃対策てきとーとか、
 サポートで追加料金搾取したいからファン外しにくく作ってメンテし辛くしたままとか。
 最悪のデザイン構造になりがちなので、ファンレス(無風)はむしろ有りです。)

heat-sink03a.jpg


結論から言うと、外部の吸熱/放熱(ヒートシンク)の追加(※後述)が無いと
動画再生でかなりカクついたり、動画がほぼ止まったり再生不可になりきつい。

heat-sink04a.jpg
(こんな感じで全裸/丸裸のままで使うのはちょっときつい。防寒具ならぬ放熱具が標準で着用必須/推奨です。)

360~480サイズ程度の動画を30分~1時間見た後に、
本体を直接触った感じだと、温度が体感60度ぐらいまで上がっててとても熱い。


けど

今から紹介する、【108円】で
簡単にすぐ作れるヒートシンク(吸熱紙+水袋)でニコ生を同時に2つ再生しても
大丈夫なぐらい、もりもり動画が見れるようになります。

(8リットル水冷スティックPCなら1080p60fpsのフルHD動画再生時でもクロックダウン、
 サーマルスロットリングは実質発生してません。※春夏秋冬13か月稼働のデータ)

heat-sink02a.jpg

heat-sink01b.jpg


よって、(破格に)安い自作冷却材があれば十分に実用。
値段以上の実力を発揮してくれます。
(6~8年前はこれでも6万~7万円はした性能が9980円なので十分に及第点)

(ホントはこの10倍超の性能で2000円位が良いんですけどね!!(笑)
(そこまではうちのパソコンが持ちませんでした!><)
(次の買換えまでPC業界の進歩を、後2年(Vistaサポート期限2017)は待ちたかったんですが(笑)



ヒートシンク(吸熱用紙【という名のキッチンペーパーor新聞紙/笑】+水袋)がお手製なんで
どうしてもビジュアル面(見た目)が残念な形になってしまっています。

mizubukuro01a.jpg
mizubukuro02a.jpg


ですが、値段、性能(吸熱+放熱性能)、安全性、
お手軽さ、手に入りやすさ,では非常に優れているので、
もし良ければ選択肢の一つとして参考にして見て下さい。

冷却材にも色々なタイプ、形があるし、有っていいと思います。
Heat-Sink05a.jpg
Heat-Sink05b.jpg


筆者は安くて高性能で長寿命で、高耐久性で安全で手軽で身近で、
実用性が高ければ、ビジュアル面(見た目)はあまり拘(こだわ)らなくて良い、
と思っているので…。PC本体と周辺装置についてはですけどね。

絵描くときのグラフィックは結構拘りますけど(笑)(上手いとはまだ言えませんが(笑))

一々冷却材を毎回凝視・観察+ビジュアル面での評価なんてしませんからね(笑)

安定動作の軌道に乗るまでは正常動作してるかどうか、まめにチェックしますが、
安定して仕事できるなと判断できるレベルになったら
後は放っておいても仕事してくれるので…。



構造はこんな感じです


   |------------TV-------------| 水袋3(大)(スーパーとかの厚めの【耐水性】買物袋+水)
   |HDMI延長ケーブル(15cm位)-スティックPC----電源やUSB延長ケーブル---
   |------------TV-------------| 水袋2(小)(新聞紙+水+耐水ストックバッグ/108円)
   |------------TV-------------| 水袋1(小)(キッチンペーパー+水+耐水ストックバッグ/108円)
   |------------TV-------------| ダンボール箱
   |------------TV-------------| ダンボール箱
   |------------TV-------------| ダンボール箱(高さ補助用)
-----------------------TV台----------------------
-----------------------TV台----------------------
-----------------------TV台----------------------
-----------------------TV台----------------------
-----------------------TV台----------------------
-----------------------TV台----------------------
-----------------------TV台----------------------

最初、HDMI延長ケーブルに挿したまま、
剥(む)き出しのスティックPC本体をぶら下げっ放しにしてたら、
時間経過で接続が緩(ゆる)くなって、音声再生に支障が出ました。
挿し直しで解消しましたが、原因の特定までに少し時間と手間がかかりました。


HDMIケーブルの差し込み状態に関わらず、音声出力が出来なくなる事が有ります。
これは、HDMIケーブル抜き差しで直る時と直らない時が有ります。
が、PC再起動で解消します。

高さの確保・下支えに無料の適当なダンボール箱を台としてセット。
これで吸熱袋も置きやすくなります。


水と金属の吸放熱性能が
そこまで大差ないっぽいので(実運用の体感値で)
これで十分実用です。

・スティックPCの継続的発熱
・吸熱水袋の放熱性能が高い
・テレビも結構発熱している
・人間暖房も加わった

この全てが影響していると思われますが、
冬でも結構室温が上がりやすくなりますのでご注意。
が、換気すればすぐ室温は戻ります。

あと室温完全依存なので夏と冬で大きく性能が変わります。
夏でも割と何とかなるレベルですけどね。(室温36度とかでも)


ほかに、以下の物を用意しています。

1.

3mのUSB延長ケーブル 500円~700円 (5mでも700円位で買えます。)
5m延長でもノーパソならUSB電源を流用するWEBカメラを使用可能。余談)
3mのUSB延長ケーブルは最初から持ってたので流用。 
USB2ExpantionCable.jpg
 
実際に使ってるのは2-3mのもの。画像は参考用です。
DG-STK1BはUSB3.0でなくUSB2.0の規格です。
##


2.USBtoLAN + 3ポートUSBハブ 1700円

USBケーブルを通して、有線のLANポートを増やす装置。
USBtoLAN2.jpg

※これはドライバのインストールが必要で、ドライバ入れないと動きません。
USBフラッシュメモリで予め別のパソコンからDL(ダウンロード)したドライバデータを
インストールして使用。

3.USBキーボード

770円位。PS/2の先端が丸い形の端子のキーボードは使えないので、
新規購入。PS/2をUSBに変換する機械が400円位で売っていたものの、
相性が出やすい(=認識しないことがある)とのことなので、
確実に動くであろうUSBキーボードを購入し変換器はパス。

USBKB02a.jpg
USBKB01a.jpg


USBキーボードはバッファローのが売り切れてて、サンワ/Sanwaのが売ってましたが、
過去、サンワサプライという会社の多機能マウスでマウスホイールがねじ切れて
酷い壊れ方で、何度もぶち壊れて散々酷い目にあってとても嫌な思いをしたので、
サンワのは買わないで他の店を探して、エレコムの770円位のUSBキーボードを買いました。

(いつも使ってるキーボードよりキー配列の横幅が少し狭くてタイプミスが
増えましたが、多分その内慣れるので大丈夫でしょう。)

4.USBマウス(光学式)

マウスは元々光学式でUSBのがあったのでそれを流用。購入はせず。
ブルートゥースはペアリング作業が必要なので、最初からは使えません。
一番最初だけは有線のUSBマウスか、
ブルートゥースでないタイプの無線のドングル付きのマウス等で初期設定する必要があります。
初期設定の後ペアリングを済ませればブルートゥースのマウスやキーボードも使用可能ですが、
しかしWifiの無線通信の電波とブルートゥースの電波が激しく干渉してしまい、
無線通信が遅くなったり、マウスやキーボードの反応が異常に遅くなったりすることが。

これは有線のマウスやキーボードを使うか、若しくはネット通信をUSBtoLANで有線化する等して
Wifiとbluetoothの相互電波干渉を回避する事で解決できるようです。
その辺りの技術課題も残っているみたいです。



3.水冷式水袋の作成手順


次へ--前へ--目次へ--水冷式水袋の作成手順の一覧へ

3-1.水冷式水袋の下段、水布団の作成手順(250-500ccX2セットの水を使用)
heat-sink04a.jpg
この、スティックパソコンが素っ裸で直ぐにオーバーヒート(爆熱暴走)する状態から
heat-sink03a.jpg
上下に水冷式の水袋(上に1こ)と水布団(下に2こ)を密着装備させて放熱を強化させる状態に変化させます。
heat-sink01b.jpg
まずは下段の作成手順から。次が上段の作成手順になります。
--3-2.水冷式水袋の上段の作成手順へ(1.5~2リットルの水を使用))

5.当サイトでかなり以前に自作して使用していた
  吸熱用紙+水袋(ジップロック的な食品保存用袋。108円/100均で購入したもの)
  ノートパソコンで実用性を確認し終わっていたので
  使ったところ、やはり順調に動作。問題なし。よってこれの作成手順を紹介します。
USBtoLan.jpg
mizubukuro02a.jpg
mizubukuro01a.jpg


この写真のストックバッグという
108円で15枚入りの食品保存用袋を100均で1つ買って来て下さい。
ご自宅にジップロックとかがあるならそれでも大丈夫です。
これを下段用に2枚使います。
上段用はスーパーの透明な袋と、スーパーの買い物袋を使います。

####
アマゾンにもあるみたいですが100均のが安いかな。

上段の水冷式水袋は水量が1.5~2リットル程度をワンセット
下段の水冷式水布団は水量が250cc~500cc程度を2セット
上下の合計で2~2.5~3リットル程度になります。
水の総量で冷却力が劇的に変わります。ご自分が使うパソコンの仕事量で多少水の量を変えて大丈夫です


完全静音のスティックPC用の水冷式水袋の作り方のコツは

下段からまず説明します。
(耐水)ストックバッグ(108円)。これはジップロックみたいなもんです。
100均で売ってるやつで大丈夫です。大き目タイプ。
こういうのは基本耐水なんでわざわざ耐水ってつけなくてもいいんですが、一応(笑)

そのストックバッグに、キッチンペーパーか、新聞紙を平らにして入れます。
紙が先です。なるべく平べったく広げて入れます。
皺(しわ)は無いほうが良さげ。

紙を入れ終わったら、口を少し斜め上に向けて
水道水を注ぎます。蛇口から直接でもいいですし、コップやペットボトルに
移し替えてからでもOKです。

Heat-Sink05a.jpg
Heat-Sink05b.jpg


量は紙に全部吸わせてから、吸わせた量の+10~30%位余分に入れる感じで。
ちょっとだけタプタプさせます。
ペットリと本体に密着させつつ、常に湿らせておくのが目的です。

少し形が有ったほうがいいので、ジェルとかゲルっぽくなるように
中に紙を入れるという寸法です。
こうしておけば浸透圧で、水が下に流れた時も、紙が水を吸い上げ、
常に紙が湿っており、吸熱し続けられる状態が維持できます。

水だけだと吸熱が不安定で、ちょっと傾けただけで水が全部下に
溜まってしまい実用性がありません。
紙で水を吸い上げることが大事です。

また穴開き水漏れ厳禁、漏水は断じてNGなので、水と紙を閉じ込めた後、
耐水ストックバッグの口を閉めてきっちりと封をします。

ひっくり返して逆さにしてから、口を下にして、空気が漏れて入っていないか
水が漏れて染み出していないか、チェックしましょう。

きちんと口のパッキンを閉め切れば、空気も水蒸気も出入りできなくなります。

稀に人為ミスや経年劣化で、少しだけ出入口や袋の外面に
隙間が空いてたりした場合、中の水が漏れたり、
水蒸気が漏れてカピカピに乾燥することがあるので、
その場合は袋を取り換えるなりして作り替えればOKです。

擦り傷(スリキズ)や摩擦には弱いので、飽くまで
ビニール袋に水を入れているだけなのだということは
忘れないようにしましょう(笑)

これで下に敷く水袋のお布団2枚、水の敷布団ができます。
あとは上から乗せる水袋の掛け布団です。


3-2.水冷式水袋の上段の作成手順の説明(1.5~2リットルの水を使用)


目次へ
次に上段の作成手順を説明します。

上に乗せるタイプの水冷式の水袋(上段)は、基本1セットのみの作成で構いませんが、
ガッツリ水冷を使いまくりたい!!という方は、予備の2~3セット目を作って
保管しておいても構いません。

1号機に加え、予備の2~3号機のバックアップが有ると、
いざ1号機を激しく酷使し熱を吸いまくり、
1号機の中の水がぬるま湯~お湯になった時に
2~3号機にポンと置き換えるだけで、水冷のローテーションが
可能になるからです。

ただ、スティックパソコンを容赦なく毎日24時間酷使する
当サイトのようなヘビーユーザー級でなければ、
とりあえず、一般ユーザー級の場合は一つだけで十分です。(笑)

さて、水冷式水袋の上段も、下段と同じストックバッグ製で良さそうですが、
ちょっと物理的な重さと水の質量が大きめだと良いです。
1.5~2リットル位の水を

厚めのスーパー等のビニール袋に直に入れて縛りましょう。
上の水袋は3重ぐらいに袋を重ねると尚安心です。

スーパーなら無料でどこにでもまず置いてある、
透明なロールタイプのビニール袋。
あれが1.5リットル位の水容量を入れる事が出来、
密閉もしやすいです。2重~3重に重ねて作ると
しっかり密閉防水してくれます。
その上から更にまたスーパーの大きめの買い物袋で
コーティングすると防水力が更に上がります。

これを上から乗せるだけ。
重さでぴったりと圧着されていい感じに吸熱してくれます。
穴開き水漏れは厳禁です。作成した後ひっくり返して
水漏れが無いかきちんと確認してから使いましょう。
heat-sink03a.jpg

heat-sink01b.jpg
後は
①水布団を下に2セット敷いて
②真ん中にスティックPC本体を挟みサンドイッチにして
③水袋(1.5~2リットル)を上からのしっと乗せる
だけで完成です。簡単ですね(*´ω`)

初期付属の15cm程度のHDMI延長ケーブルだと
高さが足りない場合はダンボールでも金属ラックでも、
下に何か土台を置くと良いでしょう。
勿論HDMI延長ケーブルを更に延長してもいいです。

本体への漏水がどうしても心配なら、
ストックバッグを新規に2枚出して、スティックPCの上下に
敷いてから、水布団の上下を被せるとより耐水性があがるでしょう。
防水・耐水のサランラップ等でスティックPC本体の上下を
軽くコーティングしてもOKです。
スティックPC本体は水冷式水袋を使っていれば、
冬期77℃以下に保たれますので、耐熱性面でも問題はないです。

万が一漏水してしまった時でも、水が自然に下に流れて
スティックPC本体への水の侵入を防いでくれるよう
水の流れを考えながら配置すると尚良いでしょう。

何年か水冷式水袋を使っていますが
例えば、地震で激しく揺れてぶつかったとか、
子供が飛びかかったとか、そういう派手目な
バッドイベントが発生しなければ大丈夫だと思います。

ヒント(+´ω`)つ水は自然に下に落ちる…
・・・( ゚Д゚)当り前やないかーい!!(笑)

当サイトは水布団は下2枚、上1袋のみですが、
必要に応じてアレンジするのは皆さんのご自由です。
ついに実現可能となった完全静音の優雅なスティックPCライフを
存分に楽しんでください^^



3-3.空冷、風冷と水冷式の切り替え、使い分けについて
(冷却システムのスイッチング)


水冷システムを自作するのが面倒な時の救済措置と言っても良いでしょう(笑)
目次へ
空冷切り替えへの救済措置
##
完全静音PCや水冷パソコンには興味があるけど、やっぱりパソコンに水をくっつけるのがどうしても怖い、
ビニール袋越しで何重にもガードしているけど,どうしても漏水が不安。
上手く作れる自信もないし、面倒臭い。
なんていう方は、こちらの外付けのUSB扇風機を買うのも良いでしょう。
これだけでもフルHD動画を見続ける事ができるようなので、これを買ってつけて、
結束バンドや輪ゴム等でスティックPC本体に向けて固定して風を当て続けるだけでも
冷却効果がかなり違います。


まずは空冷で使いつつ、また気が向いた時にでも、
いつでも水冷に切り替える事も可能ですから。_(:3 」∠)_

何か質問があればコメント欄にどうぞ。


効果のほどは、動画等を暫(しばら)く見て酷使してから、
一度水袋を持ち上げて触ってみるとわかります。
かなり熱くなっていて、吸熱を沢山したなということが
手でわかります。


夏でもそこそこは働いてくれますが
一番パフォーマンスが高いのはやはり冬になります。


1・有線LANへの変換(USBtoLAN)(別売)
2・放熱具自作(100均で108円)
  (水冷袋なら完全無電源で放置したまま常時使用可・放熱循環も無電で完全自動)
3・ブルートゥースを回避して有線ケーブルでマウスとキーボードをUSB直接接続。
 (USBキーボードとUSBマウスは別売)
4・マカフィーが入ってたので削除してAvast(永久無料ウィルス対策ソフト)
  を入れ直した。(筆者としてはの対応)

この辺をやっておけば今の時点で2~4万円位するパソコンと
同じぐらいの仕事はしてくれてると思います。
(今のところは)(それでもたま~に動画がカクっとしますけど…許容範囲内です^^;)

ディスプレイは初期付属のHDMIケーブルを使ってTVに挿しちゃえば
大画面で見れるし、持ち運びも簡単で使い勝手が良いですからね。

他の方の当機種へのレビューを見た感じでは
その辺の立ち回りが自分で出来るようになれば解決しそうな感じだと思います。
(実際筆者は特に問題を感じないで使えているので)

(強いて言えば、Win10が初期セッティングの段階でやたら位置情報や入力情報などの
 個人情報をたくさん収集してもいいですか?とか聞いてきたんで、
 不具合の情報以外は全部やらん!!と拒否しといたことぐらいでしょうか(笑)
 そこは設定でON/OFFが変更可能みたいですので回避できるようです。)


4.HDMI to VGAの変換コネクタの説明


前へ--目次へ

他、例えば昔のVGA入力のモニターとスピーカーが余っているなら、
このスティックパソコン1本を買ってから

HDMI to VGA という、HDMIの出力をパソコンモニターでよく使われていたVGA出力に変換する
コネクターを買って使う、という手段もあるようです。相性や耐久性でいくつか問題点が
指摘されているケースもあるので、利用や選択には少し注意が必要かもしれませんね。

家はHDMIのままで使えているので今の所は必要ありませんが、モニターがどうしても後1台欲しい!
古いVGAのモニターとスティックパソコンはあるのに!!なんていう場合は選択肢として考えるのも
一手かもしれません。

##

音声出力も3.5mmのイヤホン等で使う標準サイズの出力ポートがコネクタ自体についていて、
対応できているようですので、必要とする方であれば、一考の余地はありそうです。

##

色々選択肢が増え過ぎて慣れてない人は混乱させられそうですね。
出来ればシンプルにスティックPC一本とHDMIテレビ…というのがラクだとは思います。

モニターも1万円+α位はするので、選択肢としては有り得るとは思うんですけどね。

とりあえずそういうのも有るんだな、と知って置くだけで十分という扱いでも良さそうです。




PSVitaTVみたいに、FC2が見れないとか、Dailymotionが後から閲覧禁止に変更されて
ブロックされるようになったとか、色んなサイトに閲覧禁止制限が掛かってるとか、
文字のコピペができないとか、
そういうユーザーを不自由に縛り付ける制限がないのは
やっぱりPCの良いところでしょうかね。

見るかどうかは自分が決める。
見る時は自分で動く。
自分が主になって使う。

勝手に他人に好き勝手制限されて抑えつけられるのは
嫌ですからね…。

形のコンセプト的にはこのスティックPCもPSVitaTVも
かなり似てるんですけどね。HDMIケーブル使ってTVに挿して使うところも同じですし。


あとスティックPCには直接関係ないんですけど
FC2のブログって画像を引用する時、フォルダ毎、カテゴリー毎に分けて
引用するってできないのかな…。
フォルダ分けてUPしてるのに引用時、全部直線状に配列されてる中から
選ばなきゃいけないから埋もれやすくてちょっと辛い…。
無料でここまで使わせて貰っておいてなんなんですけどね…^^;


ついに16000円でスティックパソコンが出てしまった…次の2兆円市場になるか?

↑↑↑↑↑↑
スティックPCについては、もっと詳しく知っておきたい、
是非押さえておきたい、【光キーボード】や【スティックプロジェクター】などなど、

色々と便利な周辺装置について詳しく紹介している
このリンク・記事も良かったらご参考にどうぞ見ていってください。(^▽^)




ではこの辺で、ご高覧ありがとうございました^^


何か質問があればコメント欄にどうぞ。^^



2015/11/15 追記
2回目の音声出力不具合発生。(映像はずっと大丈夫なままだった)
(スティックPC経由で動画を再生しても音声がテレビから出ないパターン。テレビ番組は普通に音声OKで見れる)

1回目に続いて、同じ解決方法でOKだった。
HDMIケーブル(スティックPC本体側)の抜き→挿し直しで解消した。
横向きに置いていたから重力で抜け下がることはないはずなのだが…?
(PC再起動で音声出力の不具合はほぼ直る)

2016/2/1 追記
DG-STK1Bを24時間起動したまま、一度テレビ側の電源を落として、
しばらくしてから再度テレビを付けると、一部のアプリやテラリアだけ音が出なくなったり、

スティックPCのシステム/OS自体の音も出なくなるという事がよくある。
これはPC再起動で解決する。


HDMIケーブルの抜き差しでは解決しない事がけっこう多い。

HDMIは映像と音声がケーブル一本で送受信される。ので、
これは多分、テレビとスティックPC間の音声信号送受信が、
テレビの電源オフで、一時的に遮断された後、
音声データ通信だけ復旧できないとか…。

OSとかHDMI経由の信号制御かその辺が怪しいと思うのだが…。
映像的には問題ないので、一部or全部の音声出力だけが出来なくなるという特定の問題。
いずれにせよPC再起動で直る。


目次へ
最新記事の一覧へ
ノートパソコン用水冷技術や、スティックPCの性能や技術を更に調べる記事の一覧へ

2016/6/6

記事の重複部分を削除。

2016/12/19

DG-STK2FやDG-STK2S等の販売終了品を修正。各種記事の微調整。
8L水冷へのリンクの追加。
回復ドライブを作成した時の強制データ全削除の初見殺しの仕様の地雷説明等追加。
mSDの認識、書き換え問題の回避ルート追加。
USB周辺機器の電源瞬断の回避手順のルートのリンク追加。





リアルタイムツイート

パナマ文書

エンパス

ベーシックインカム

スティックPC

ページトップ
09/17のツイートまとめ 某の戯れ
現NBA最強って結局誰なの? NBAまとめ!
ラグビーサモア代表、日本に配慮しタトゥー隠しのウェア着用 海外の反応 こんなニュースにでくわした
海外「曽祖父が日本人の友人が子供にナルトみたいな日本名をつけようとしているんだが」 ガラパゴスジャパン - 海外の反応
ラックの棚で はっちゃん日記
ブログジャンルの注目記事
記事一覧を見る
-->